今更ですがeccube3のメモ2



前回に引き続きECCUBEのメモを。今回はView側を見てみます。
2系はsmartyだったのですが最新版はtwigになっています。{% %}でくくっていて雰囲気は似ています。

インストール後の主に使いそうなところのディレクトリ構成は
-+app
-+html・・・公開ディレクトリ
–+template・・・jsとかimgを置く。パスはhttp://xxxx/template/default/img/top/mv02.jpg
-+src
–+Eccube
—+Controller・・・Controller(そのまんまかい!)
—+Resorce
—-+template
—–+default・・・ProductやMyPageなどディレクトリが分かれていてtwigが入っている
-+tests
-+vendor
-.htaccess
いろいろ
こんな感じです。

twig内にscriptも入っています。

実際に案件としてやっていく場合、HTMLをデザイナさんからいただいたら
1.共通部分を分解する(ヘッダ、フッタ、サイドバー、ページャー)
2.フォルダ毎に分ける
3.twigにする
4.phpが必要そうなjsなどはtwigに書いちゃう?
って感じですね。そのまんまだな。

効率よくやるにはデザイナさんにサンプルサイトを見せてnameやidなどは合わせてもらうようにしたほうが良さそうです。
ページャーのデザインも統一してもらったほうが良いですね。カスタマイズ難しそう。
また管理画面のブロック管理は出来れば閉じちゃったほうがいいですね。

それぞれのDoctrineとか何をするのかは分からないものもありますが、MVCに慣れてると分かりづらいかもしれないですね。
とりあえずここまで。